中村晃の実家を紹介~似てると評判の母を画像で検証…父と兄弟の話

ソフトバンクホークスが誇る左のクラッチヒッター、中村晃(なかむら・あきら)選手。

今回は、そんな中村選手の実家の家族をご紹介します。

スポンサーリンク

◆実家は埼玉・朝霞

中村晃選手は、埼玉県朝霞市の出身。

今でも帰省した時には部屋を使うので、中村選手の部屋はそのままにしてあります。

実家の天井には、子供のころから貼っているポスターが…

それはなんと、福岡ダイエーホークス時代の小久保裕紀(こくぼ・ひろき)氏のポスターでした。

“スポーツ店でもらった”

ということなので、熱狂的な小久保ファンということでもなかったのでしょう。

しかし、毎日寝るときは小久保氏に見守られていたということになります。

そして、小久保氏に導かれるようにホークスへ入団した中村選手。

小久保ジャパンにも召集されていますね。

◆母は似てるので画像を紹介

中村晃選手の母親の名前は陽子さん。

母・陽子さんは中村選手によく似ており、

“よく言われます。私の子ですから”

とご本人も認めています。

画像もご紹介しておきますね。

確かによく似ていらっしゃいます(^_^;)

母・陽子さんは中村選手について、こう振り返ります。

“手助けすることも何もなく自分の道を進んでくれて、手間のかからない子でした”

親にあまり負担をかけず、それでも“プロ野球選手”という夢を実現できる中村選手はスゴイと思います。

◆父親について

中村晃選手の父親の情報は、見つけることができません。

特に、母子家庭という話もないので、お父さんはあまり表に出ない方なのでしょう。

◆兄弟はいる?

中村晃選手には、お姉さんが一人います。

子供のころの写真がネット上で見れますが、お姉さんの年齢は5歳くらい上のようですね。

野球は小学2年生から始めました。

プロ野球選手の場合野球を始めるきっかけは、

“兄が野球をしていた”

という話が多いのですが、中村選手の場合は違うようです。

◆孤高のクラッチヒッター

中村晃選手は右に左にきれいにヒットを打ち分けます。

長打力はそれ程ありませんが、ミート力に関してはずば抜けたものがあります。

高校時代は通算60本のホームランを放っていますが、プロに入ってモデルチェンジしました。

これが功を奏した形です。

長距離バッターを目指していたら、今の中村晃選手はなかったかも知れませんね。

プロ野球の世界で生きていく為には、とにかく1軍の試合で活躍しない事には生きていけません。

中村晃選手はレギュラー選手ですから、怖いのは怪我や故障です。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、中村晃選手の活躍の陰には、温かく応援してくれた家族の姿がありました。

これからも家族の応援を受けて、中村選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇編集後記

ホークス選手デザインのスマホケースを見つけました。

iPhone8 ケース スマホケース 手帳型 全機種対応 (iPhone8 Plus iphone7 xperia xzs galaxy s8 galaxy s7 edge huawei p10 lite アイフォン6s iphone se Android One Qua phone ZenFone AQUOS R DIGNO スマホポーチ 携帯) デザイン 福岡ソフトバンクホークス公認 選手 グッズ

デザインはスタイリッシュでおしゃれなので、持ち歩いても違和感ありません。

もちろん、背番号「7」中村晃選手バージョンもサイン入りでラインナップ。

これを持っていると、常勝ホークスにあやかれそうですね(^_-)

《中村晃選手の記事》

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク