安田尚憲はドラフト1位が確実?清宮との関係は?巨人入りが確実?

履正社高校の主力、安田尚憲(やすだ・ひさのり)選手。

間違いなく、2017年ドラフト会議の目玉選手の1人です。

スポンサーリンク

◆2017年ドラフトでは1位指名か?

安田尚憲選手は、間違いなくドラフト1位でいなくなる選手だと思います。

とにかくスカウト陣も唸るそのバッティングセンスは、目を見張るものがあるため、ドラフト1位指名は避けられない情勢です。

今年のドラフト会議では目玉になる選手が多いですが、その中でも高校生BIG3の1人が安田選手です。

2017年夏の甲子園には、大阪大会決勝で、宿命のライバル大阪桐蔭高校に敗れ最後の夏は甲子園には出られませんでした。

しかし、スカウト陣の評価は非常に高く、ドラフトでは1位で指名しない限り獲得するチャンスはありません。

ドラフト1位でも競合する可能性もあります。

◆清宮幸太郎選手との関係は?

安田尚憲選手はU-18日本代表で、清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)選手と共に日の丸を背負って戦いました。

お互いに実力を認め合い、清宮選手とはメールやラインなどでやりとりする仲のようです。

東の清宮・西の安田と言われる2人の怪物。

そこに割って入ったのが、甲子園ホームラン記録を破った広陵高校の中村奨成(なかむら・しょうせい)選手です。

中村選手は、清原和博氏(当時PL学園)が持つ1大会5本の記録を破る“6本”を打ちました。

清原和博氏が5本目のホームランを放った当時の実況、

“甲子園は清原の為にあるのか!?”

は印象的でした。

しかし、記録はいつかは破られるものなのですね。

中村選手については、広島カープが1位指名を明言しています。

清宮・安田・中村の3選手は、間違いなく揃ってドラフト1位で消えるでしょう。

◆巨人が安田尚憲を指名?

巨人は“清宮争奪戦”から撤退しました。

そして、巨人のスカウト陣の間で評価が非常に高いのが、安田尚憲選手です。

どうやら巨人は、安田尚憲選手をドラフト1位指名する方針を固めたようですね。

余程の事がない限り巨人は安田選手をドラフト1位で指名するでしょう。

菅野投手の件など、他の球団から横やりを入れられる事が多いので、巨人も警戒しています。

安田尚憲選手のバッティングセンスは、清宮幸太郎選手にも劣らないものを持っています。

もし、清宮幸太郎選手と世代が1年違えばドラフトは安田一色に染まっていた可能性が高いです。

◆まとめ

運命のドラフト会議で巨人は、安田尚憲選手を1位指名で獲得できるでしょうか?

出来れば1本釣りしたい巨人…。

高校BIG3の一角・安田選手をなんとしても獲得したい巨人…。

ドラフト会議では数々のドラマが生まれています。

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

◇編集後記

2017年も数々のドラマを生んだ、夏の甲子園大会。

その感動を余すことなく収録したDVDが発売されます。

熱闘甲子園2017 第99回大会 [ (スポーツ) ]

代表校49校、全48試合の白熱のダイジェスト。

高校野球がなぜここまで愛されるのか…答えはこの中にあるような気がします(^_-)

《安田尚憲選手の記事》

安田尚憲はドラフト1位が確実?清宮との関係は?巨人入りが確実?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク