山口直哉の『家族』~出身中学校は?兄も済美の投手!実家の父と母

2018年夏の甲子園で済美高校のエースを務める、山口直哉投手。

今回は、そんな山口投手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:山口直哉(やまぐち・なおや)
身長/体重:171cm/64kg
利き腕:右投げ左打ち

スポンサーリンク

◆出身中学校は?

山口直哉投手は、兵庫県南あわじ市の出身。

中学校は南あわじ市立三原中学校に通い、軟式野球部に所属していました。

2002年8月には、軟式野球部は全日本少年軟式野球大会に出場し、ベスト8入りを果たしています。

◆兄も済美の投手!?

山口直哉投手にはお兄さんがいて、名前は山口和哉さん。

年齢は、今年(2018年)で22歳になります。

実は、兄・和哉さんもかつて済美高校の野球部に所属し、ポジションはピッチャーでした。

しかし、お兄さんの同級生には、現・楽天安楽智大(あんらく・ともひろ)投手がいたため、お兄さんは2番手投手。

それでも2013年のセンバツに出場した済美高校を応援するため、山口投手は甲子園に出かけます。

アルプス席に陣取った山口投手は、772球を投げて準優勝へと導いた安楽投手の姿を目に焼き付けました。

2018年の夏の甲子園大会。

愛媛県予選の5試合43イニングを投げ切った山口投手は、甲子園でも他の選手にマウンドを譲りません。

星稜高校との2回戦は延長13回タイブレークの死闘となりましたが、184球を投げ切りました。

野球関係者からは「投手の酷使」ということで議論を呼びそうなところです。

しかし、山口投手には、あの日見た「済美のエース」としての確固たる美学があるのでした。

◆父親の名前は?

山口直哉投手の父親の名前は、山口雅弘さん。

年齢は、今年(2018年)で51歳になります。

父・雅弘さんは野球部保護者会で副会長を務めています。

野球部保護者会は、奈良や兵庫など関西在住者が中心で、甲子園練習日には5、6人が日替わりで自主的に集まっています。

父・雅弘さんは、

“普段愛媛に行けない分、甲子園に来たときはサポートしなければ”

と、兵庫県淡路島から駆け付け、飲料水や壊れた備品の買い出しなど裏方としてチームを支えていました。

◆母親の年齢は?

山口直哉投手の母親の名前は「かおり」さん。

年齢は、今年(2018年)で51歳になります。

母・かおりさんは、星稜高校との戦いを前に

“次も強い相手だと思うが、諦めずに頑張ってほしい”

とエールを送っていました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、山口直哉投手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、山口投手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《こちらの記事も読まれています》

《野球の熱い夏がやってきました!》

《今月のおもしろグッズ》

ダムの形をしたカレー皿を見つけました(p_-)

ダムカレー皿 カレー皿 洋食器 おもしろ雑貨 ランチプレート 陶器 仕切り 送料込

カレーとライスの間がダムでせき止められており、「いただきます」の次の瞬間、放流!

ライスにカレーが注ぎ込み、良い混ざり具合のカレーライスが楽しめます。

少しサラッとしたカレーの方が、放流しやすいようですね。

子供にウケることは間違いありません(^_^)v

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ