大谷翔平の【高校時代】当時の成績・目標は?球速の推移がスゴイ?

今では球界の至宝とも言われている、日本ハムファイターズの大谷翔平(おおたにしょうへい)選手。

高校時代からスゴイ選手だったのか?

大谷翔平選手の高校時代を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

■大谷翔平選手・高校時代の成績は?

岩手県、花巻東高校に入学した大谷翔平選手。

高校時代は、2年生の夏と、3年生の春に高校野球に出場しています。

その成績は、投球回数14回、防御率3.77、奪三振16。

打者としての成績は、打率.333、本塁打1本です。

高校通算ホームランは56本!

現在の大谷翔平選手から考えると、少し物足りない成績かもしれませんが、好成績であることは間違いありませんね。(#^^#)

■大谷翔平選手・高校時代の目標は?

大谷翔平選手は、高校1年生のときに、野球部監督の指導により、目標達成シートを作成しました。

目標達成シートとは、まず、中心部に達成したい目標を記入します。

その周りに目標を達成するための要素(項目)を8つ記入。

さらにその8つの要素を達成するための細かな要素(項目)を8つ記入していくというものです。

大谷翔平選手が目標に掲げたのは、

「ドラ1、8球団」

その周りの8項目は、コントロール、キレ、スピード(160キロ)、変化球、運、人間性、メンタル、体づくり、でした。

高校1年生にして、しっかりとした考え方を持っていたといえますね。

15歳の男の子が、この目標達成シートをきっちり埋めてさらに行動に移していくのは、容易なこととは思えません。(+_+)

大谷翔平選手は、何となく周りに流されたりすることなく、しっかりとした目標のもと、日々生活していたのでは?ということがうかがえます。(^_-)-☆

■大谷翔平選手・高校時代の球速の推移は?

高校1年生のとき、投手として147キロを記録した大谷翔平選手。

高校2年生のときには151キロをマークし、

「みちのくのダルビッシュ」

と呼ばれ注目を浴びました。

さらに高校3年生のときには、岩手県大会で球速160キロを記録しました。

この記録は、アマチュア野球界、初記録となります。

後にも先にもこのような速球を投げる投手が出てくるのかどうか・・・(^▽^;)

■まとめ

高校時代は怪我などの影響で、登板回数が少なかった大谷翔平選手ですが、剛速球で大注目を浴びました。

2017年シーズンは足首の怪我により、思うように走塁できなかったり、ピッチャーとしてマウンドに上がる時期がまだまだ読めなかったりと、ファンとしては少しモヤモヤ。(^^;

でもそれは大谷選手本人も同じだと思います。

日本で応援できるのが最後の年になってしまうかもしれません!

大谷翔平選手の活躍を目に焼きつけ、気持ちよく海外へ送り出してあげたいですね。

\(^o^)/

◇編集後記

大谷翔平選手が、プロ入り後から愛用しているマットレスがこちら。

西川エアー ベッドマットレス AiR SI シングル レギュラー NUN1142022

キングカズやネイマールも愛用しているのだとか。

超一流アスリートは、ベストパフォーマンスを発揮するために、睡眠にこだわりがあるのですね(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク