ラーズ・ヌートバーの【家族】~結婚してる?母は日本、父は米国出身のハーフ侍

MLBのセントルイス・カージナルスに所属する、ラーズ・ヌートバー選手。

日本名は榎田達治です!

今回は、そんなラーズさんを取り巻く『家族』の物語です。

正式名称:ラーズ・テイラー=タツジ・ヌートバー
英語表記:Lars Taylor-Tatsuji Nootbaar
生年月日:1997年〈平成9年〉9月8日
身長体重:190cm/95kg
家族構成:
①実 家…父親、母親、姉、兄
②独立後…独身(未婚)
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

ラーズ・ヌートバーさんは、 米国カリフォルニア州ロサンゼルス郡エルセグンド出身。

家族はみんな野球が好きで、ラーズさんも5歳で野球を始めました。

そんなラーズさんが9歳の時、運命を感じさせる出来事が起こります。

高校野球の日本代表で訪米した、船橋悠(ふなばし・ゆう)さん、塩澤佑(しおざわ・ゆうた)さんを、ホストファミリーとして迎え入れる話がきたのです。

この時のチームメイトには、直前の甲子園で死闘を演じた、田中将大(たなか・まさひろ)さんと…

中学1年まではキャッチャーでした!
田中将大の『家族』~妻・里田まいとの間に息子と娘…実家の両親と弟について
東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する、田中将大さん。今回は、そんな田中さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。名  前:田中将大(たなか・まさひろ)生年月日:1988年〈昭和63年〉11月1日身長体重:190.5cm/97.

斎藤佑樹(さいとう・ゆうき)さん…

2019年に結婚しました
斎藤佑樹の『家族』~父親の職業は?母親は本を執筆…兄はミズノへ?
北海道日本ハムファイターズに所属する、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(さいとうゆうき)投手。今回は、そんな斎藤投手を育み、支えてくれた『家族』にスポットを当て、ご紹介します。◆実家は群馬斎藤佑樹投手の実家は、群馬県太田市(合併前は群馬県新田町

がいました。

えーー! あの世代の代表選手が来るの……ぜひ!

と、ホストを引き受けたヌートバー家。

船橋さんたちもラーズさんを可愛がり、チーム内でも知られる存在となり、遠征試合では日本代表のバットボーイを務めています。

(当時のラーズさんと斎藤佑樹さん↓)

 

この投稿をInstagramで見る

 

斎藤佑樹(@yuki____saito)がシェアした投稿

日本代表が帰国した翌年、10歳だったラーズさんは、リトルリーグのオールスターチームに選ばれました。

その際、自己紹介ムービーで、ラーズさんはこう言い放ちました。

‘My name is Lars Nootbaar, No.21. And I’m a Japanese’.
僕の名前はラーズ・ヌートバーです。背番号は21。日本人です。

‘I’m representing my country for Japan’.
僕は日本を代表してここにいます。

まるで十数年後に、日本代表選手としてグラウンドに立つことを予想していたかのような発言ですね。

そんなラーズさんは、小学校6年生でアメフトも始め、エルセグンド・ハイスクールまでは野球とアメフトとの二刀流をこなします。

名門の南カリフォルニア大学からは、野球とアメリカンフットボールの両方で推薦が来てしまい、ラーズさんは大いに悩みました。

最終的に「野球」を選んだ理由について、

私が野球一家で育ったからだ

と、話しています。

それでは、家族をご紹介していきましょう。

NEXT 父親と母親について

コメント

タイトルとURLをコピーしました