村上宗隆の『家族』~結婚してる?実家の父親、母親、兄と弟について

東京ヤクルトスワローズで活躍する、村上宗隆さん。

肥後のベーブ・ルースと呼ばれてました!

今回は、そんな村上さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:村上宗隆(むらかみ・むねたか)
生年月日:2000年〈平成12年〉2月2日
身長体重:188cm/97kg
血液型 :O型 [1]
出身地 :熊本県熊本市
スポンサーリンク

◆生い立ち

村上宗隆さんは、熊本県熊本市の出身。

長嶺地域スポーツクラブで、5歳から野球を始めています。

小学校は地元の、熊本市立託麻南(たくまみなみ)小学校に通いました。[2]

小学校4年から野球部に入り捕手として活躍しています。

中学校は地元の、熊本市立長嶺(ながみね)中学校へ進学。[3]

チームは熊本東リトルシニアで、二塁手や捕手として活躍しました。

高校は熊本にある、九州学院高等学校へ進学。[4]

1年生から4番に座ると、夏の大会でいきなり甲子園に出場します。

この頃の村上さんのニックネームが「肥後のベーブ・ルース」。

同じ学年で「和製ベーブ・ルース」として注目される、早実・清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)さんとの甲子園対決が注目されました。

清宮幸太郎の『家族』~父 克幸の身長は?母の画像?弟 福太郎も北砂?
和製ベーブ・ルースの異名を持つ、早稲田実業高の清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)選手。今回は、そんな清宮選手を育んできた「家族」にスポットを当て、ご紹介します。◆父・清宮克幸さんの身長は?清宮幸太郎選手の父親の名前は、清宮克幸(きよみや・か

しかし、村上さんは無安打で、チームも初戦敗退。

2年夏と3年夏は、熊本大会決勝でともに秀岳館に敗れ、甲子園に出場したのは1年夏の1回だけとなりました。

それでも、通算52本塁打という長打力を買われ、2017年10月26日のドラフト会議で3球団から外れ1位指名。

抽選で東京ヤクルトスワローズへの入団が決定しています。

◆結婚してる?

村上宗隆さんの実家の家族構成は、父親、母親、兄、宗隆さん、弟の5人家族です。

自身は独身であり、自らの家族はこれから築くことになります。

◆父親の職業は?

村上宗隆さんの父親の名前は、村上公弥さん。[5]

1973年頃の生まれになります。

父・公弥さんの職業は、不動産会社の経営で、2007年頃に脱サラして開業しました。

さらに公弥さんの父親は警察官で、礼儀やマナーに厳しい人でした。

その精神を受け継いだ公弥さんも、3人の息子たちを厳しくしつけました。

実は公弥さんも野球少年でした。

熊本の強豪校でショートを守っていましたが、高校1年のときに右肩のケガで野球を諦めます。

その夢を託された宗隆さんですが、甲子園に出場し、プロ選手となり、侍ジャパンにも選ばれるほどの活躍。

お父さんの借りは、宗隆さんが返したと言っても過言ではないでしょう。

◆母親は元バレー選手

村上宗隆さんの母親の名前は、村上文代さん。[6]

年齢は、お父さんより2歳年上になります。

母・文代さんは、身長が170cmほどあり、高校時代はバレーボールのアタッカーでした。

結婚してからは専業主婦として3兄弟の胃袋を支え、子どもたちの「相談役」でもありました。

2021年の文代さんの誕生日、宗隆さんはホームランを記録しています。

母・文代さんの手元には、

誕生日おめでとう

と記したホームランボールが送られてきたそうです。

NEXT 兄も弟も野球選手!

コメント

タイトルとURLをコピーしました