野間峻洋の『家族』~母子家庭で支えた母と姉弟、掴んだドラフト1位

セ・リーグで猛威を振るう東洋広島カープ。

その中で緒方監督が一目惚れしてドラフト1位で獲得された選手がいるのはご存じでしょうか?

それが、今回紹介する野間峻祥選手です。

2018年シーズンからは、外野のレギュラーとして定着しつつある若武者の『家族』にスポットを当てていきます。

【本人プロフィール】
氏名:野間 峻祥(のま・たかよし)
生年月日:1993年1月28日(25歳※2018年7月現在)
出身地:兵庫県三木市
身長:180cm
体重:83kg
投球・打席:右投左打
ポジション:外野手
プロ入り:2014年ドラフト1位
初出場:2015年3月27日

スポンサーリンク

◆隙あらば野間

ルーキーイヤーから常に1軍に帯同し、シーズン途中から代走や守備要因として起用されました。

127試合に出場し、通算打席188、通算打率.241という記録を残します。

長打力にも定評があり、2015年のセ・リーグ2位となる6本の三塁打を記録しました。

外野手としてもリーグ4位の6捕殺を記録し、大きなインパクトを残します。

ファンからは「隙あらば野間」というフレーズが生まれました。

2016年と2017年は怪我の影響もあり、ルーキーイヤー程の結果は残せませんでした。

2018年にはレギュラーとして7月21日の怪我で抹消されるまで76試合に出場し、打率.310、4本塁打、32打点とその才能を開花させています。

◆野間峻祥選手の家族構成

野間峻祥選手は、幼い頃に両親が離婚し、母親に引き取られています。

家族構成は、お母さんとお姉さん、弟さんの4人家族です。

野間選手自身はまだ独身で、彼女がいるというような報道は出ていません。

今は野球に打ち込んでいるということですね。

母親からもらった遺伝子

野間峻祥選手のお母さんは、お名前をしのぶさんと言います。

野間選手はその高い身体能力が武器ですが、その才能はお母さんから与えられたものだそうです。

お母さんが学生時代の頃は、水泳とバレーボールに打ち込んだ経験もあり、球技や足の速さは当時から優れた才能を発揮していたそうです。

さらに、お母さんの兄弟である福光さんは1978年に野間選手の母校・神戸村野工業でセンバツ出場経験があります。

スポーツ一家のDNAを引き継いでいるということですね。

母子家庭に育つ

野間峻祥選手の両親は、野間選手が小学校1年生の時に離婚をしており、お母さんは女手一つで3人の子供を育てました。

広島カープに入団が決まったときの野間選手の第一声は、家族に対する感謝の言葉でした。

“小さい頃から女手ひとつで育ててくれた母親、姉と弟がいるけど、ボク中心の生活になっていた。家族全員に感謝したい。これから恩返しする”

家族全員が、野間選手の野球人生をサポートしてくれていたということですね。

今後はプロになって家族に恩返しをすると決意を表明しています。

お母さんは、地元兵庫県三木市のゴルフ場の中にあるレストランで10年以上勤務しながら3人の子供たちを育てたそうです。

時給1000円で育ち盛りの子供3人を育てるのはかなり大変だったことでしょう。

極貧生活だったことも明かしていました。

当時は三木市内の公団住宅2LDKに4人で暮らしていました。

部屋数が少なかったこともあり、同じ部屋に子供3人が川の字になって寝ていたそうです。

◆母親と家族への感謝の思い

野間峻祥選手は、物を大事にすることでも有名です。

貧しい家庭環境もあると思いますが、お母さんが一生懸命働いて野球をさせてくれていることに常に感謝の気持ちを持っているとも語っていました。

中学校2年生の時に買ってくれた硬式用グローブを、大学3年の春まで7年以上も使用しています。

今はプロになって、今まで支えてくれた家族を支える役割を担っている野間選手。

お母さんも苦労の甲斐が報われたかも知れませんね。

現在、お母さんは、総合病院で看護助手として勤務しており、野間選手の弟さんと3LDKの県営住宅で暮らしているそうです。

いずれは、野間選手から一軒家をプレゼントされるかも知れませんね。

◆姉と弟も応援

野間峻祥選手のお姉さんの名前はなつみさん。

弟さんは、祥明さんと言います。

高校、大学と野球に打ち込む野間選手を経済的に支援したのは、お姉さんと弟さんだったそうです。

高校を卒業してからアルバイトをしていたお姉さんは、野間選手の野球用品代や、合宿費用が必要になると、

“これでタカ(野間選手)に買ってあげなよ”

と、自分が稼いだアルバイト代から何万円も援助してくれました。

弟さんも高校入学後、お母さんが働くゴルフ場でキャディーのアルバイトをして、野間選手の野球活動を支えてくれました。

小さい頃は、おかずを姉弟で取り合っていましたが、

“そのおかげで好き嫌いのない健康的な体になった”

とお母さんが語っています。

お母さんだけではなく、家族全員から支えられて、今の野間選手がいるということですね。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、野間峻祥選手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、野間選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《野球の熱い夏がやってきました!》

《今月のおもしろグッズ》

ダムの形をしたカレー皿を見つけました(p_-)

ダムカレー皿 カレー皿 洋食器 おもしろ雑貨 ランチプレート 陶器 仕切り 送料込

カレーとライスの間がダムでせき止められており、「いただきます」の次の瞬間、放流!

ライスにカレーが注ぎ込み、良い混ざり具合のカレーライスが楽しめます。

少しサラッとしたカレーの方が、放流しやすいようですね。

子供にウケることは間違いありません(^_^)v

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ