度会博文の息子・度会基輝は拓大紅陵の主将で甲子園を目指すが…

かつてヤクルトでユーティリティープレイヤーとして活躍した、度会博文(わたらい ひろぶみ)さん。

今回は、そんな度会さんの息子さんや家族にスポットを当てたいと思います。

スポンサーリンク

◆度会博文さんは、草野球出身

度会博文さんは、千葉県船橋市出身の元プロ野球選手。

八千代松陰高校から中央学院大学に進みましたが、それほど注目される選手ではありませんでした。

しかし、神宮外苑で草野球をしていたところ、スカウトの目に留まり、異例のドラフト3位でヤクルトに入団します。

ポジションは内野手でしたが、投手と捕手以外の全てのポジションを守れるユーティリティープレイヤーとして活躍しました。

現在は、ヤクルトでチーム付きの球団広報を務めています。

◆息子・度会基輝は拓大紅陵の主将

度会博文さんには息子さんがいて、名前は度会基輝(もとき)さん。

基輝さんは6歳から野球をはじめ、小学校から中学校まで「船橋ボーイズ」でプレーしました。

小学校時代は全国大会でベスト4に進出しています。

現在は拓大紅陵の3年生で、主将。

“努力の鬼”である基輝さんは、小学4年から高校の寮に入るまで毎日、自宅の打撃ケージで母・祥子さんとティー打撃を続けました。

家族は他に、弟さんがいますが、野球をやっているのでしょうか?

父・博文さんは現役時代いぶし銀で鳴らしましたが、息子・基輝さんはがっちりとした体格で、長打を量産するタイプです。

父親とタイプは異なりますが、

尊敬するおやじを超えたい

と、父が果たせなかった甲子園出場を目指します。

◆拓大紅陵で不祥事発生

しかし、ここへ来て息子の甲子園出場に暗雲が立ち込めています。

拓大紅陵の元部員3人が、売春防止法違反容疑で警視庁に逮捕されたのです。

もちろん、基輝さんは事件に関わっていないものの、今後の公式戦出場には微妙なところがあります。

そんな中、甲子園地区予選は進んでおり、拓大紅陵は秀明八千代に11-0でコールド勝ち。

17安打11得点の大勝にも、拓大紅陵の監督は

多大なご迷惑を掛けたのは承知している

と神妙な表情で話しました。

そんな中、息子の度会基輝主将は、

こういう状況の中でもできることをしっかりやろう

とナインを鼓舞し、先制の2点タイムリーを含む3安打と活躍しています。

◆まとめ

息子・基輝さんの名前の由来は、

基礎から輝いてほしい

との思いが込められています。

部員の不祥事という事情はありますが、息子さんには力の限り頑張ってほしいと思います(^o^)丿