山田哲人・ドナイヤのグローブ型付け・2016オールスターと少年野球時代

ここ数年の活躍で現在では球界を代表する人気選手へ成長した、東京ヤクルトスワローズの山田哲人(やまだてつと)選手。

そんな山田哲人選手の

  • グローブへのこだわり?
  • 2016オールスターから分かる人気度
  • 少年野球時代の様子

この3点について迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■山田哲人選手はドナイヤを使用

プロ野球選手ともなれば、道具へのこだわりは誰でも持っています。

特にグローブはオーダーメイドがほとんどですね。

しかし、山田哲人選手は市販されている「ドナイヤ」のグローブを4年使い続けているのです。

グローブメーカーといえば、ミズノ、ゼット、ローリングスと大きな会社ですが、ドナイヤはなんと!

社員が一人だけの会社なのです。

山田哲人選手は最初、グローブへのこだわりは全くなかったそうですね。

でも、ドナイヤの社長と色々話をしているうちに、意識が変わっていったそうです。

グローブをとても大事に取り扱い、手入れもしっかりやるようになり、守備に対する意識も向上したのだそうです。

■グローブの型付けって?

新品のグローブはとても固く、いきなり試合で使用することは不可能です。

よくあるのが、スチーム加工と言って水分を含ませて柔らかくして使用する方法。

しかし、これはグローブを悪くしていまいます。

グローブのためにはスチーム加工を行わず、手で揉んで叩いて特殊なオイルを塗って、その工程を何度も繰り返します。

それによって使用する人に合ったグローブになっていくのです。

これがグローブの型付けとなります。

■2016年オールスターでの人気ぶりは凄い!

山田哲人選手は、ファン投票も選手間投票も2塁手で1位です。

2塁手といえば、守備の名手広島の菊池選手がいますが、菊池選手をおさえ堂々セ・リーグで最多得票。

ホームランダービー出場者投票でも1位です。

山田選手は、オールスター投票でのトリプルスリーも達成したのでした(^o^)丿

■少年野球時代の様子

とあるトークショーでの話、山田哲人選手は野球少年らの前で

自分はセンスがありました!

周りの選手より実力はありました!

と話したそうですね。

でも

小学生の時がピークで今は必死です!(^_^;)

と「オチ」もしっかりあり、会場を沸かせていました。

フェンスまでは60メートルくらいの球場で、ホームランを30本くらい打っていたそうです。

これは、センスがないとできませんね。

■まとめ

山田哲人選手は、本当にセンスの塊なのでしょうね。

細かいことはあまり気にせず

来た球を打つ!

天性の持ち主なのですね。

これからどこまで成長していくのか楽しみです。

《山田哲人選手の関連記事!》

コメント

  1. […] 山田哲人・ドナイヤのグローブ型付け・2016オールスターと少年野球時代 […]