野球肘の治療や手術に対応する専門のクリニック・病院【大分県】

知人に相談され、大分県で「野球肘」に対応してくれる専門病院を探す機会がありました。

とりあえずネットで「野球肘 病院 大分県」と検索。

一番上に表示されるのは、某社の病院紹介サイトですが、163件の病院を表示しています。

これって、大分県にある整形外科のクリニック・病院の数とほぼ一致してるんですね。

しかも、上の方に出てくるのは、大学病院や旧国立病院など大手の病院ばかり。

“とりあえず、大きな病院へ行ってください”

的な発想で、これじゃあ、野球肘に詳しい先生がいるのかなんて分かりませんよね。

なので、独自に調べた結果をご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

◆猿渡整形外科スポーツリハクリニック

大分市東部の大在(おおざい)エリアにあるこちらのクリニック。

院長の猿渡(さるわたり)先生は、日本整形外科学会、日本手外科学会(専門医)、整形外科スポーツ医学会(スポーツ医)、日本肘関節学会に所属しています。

日本手外科学会の専門医は、大分県で9人。

整形外科スポーツ医学会のスポーツ医は、大分県で10人しかいません。

特筆すべきは、無料で『野球肘検診』を行っていること。

“野球肘は、症状のない早期に発見すれば、90%が自然治癒する”

とされており、特に小学校高学年の検診を呼びかけています。

◆西別府病院

西別府病院の正式名称は『独立医療法人国立病院機構 西別府病院』。

名前のとおり別府市内にある旧国立病院ですが、「西」というよりは「中心部」に位置しています。

一般の整形外科と別に「スポーツ医学センター」という専門組織を有し、4人の専門医師が担当しています。

スポーツ医学センター長の松田貴雄医師は、なでしこジャパンのチームドクターなどを経験しており、著書も多数あります。

さらに全国的にも珍しい「野球医学科」を2016年4月に開設し、馬見塚尚孝医師が担当。

馬見塚先生はかつて甲子園を目指したプレーヤーで、日本体育協会公認スポーツドクターでもあります。

野球医学の教科書』『高校球児なら知っておきたい野球医学』などの執筆もあり。

2016年度の総延べ手術件数は66件で、うち肘は23件の手術を行いました。

野球外来では、治療プログラムの一環として投球動作指導を行っています。

◆まとめ

という訳で今回は、大分県で野球肘に対応してくれる、専門のクリニックと病院をご紹介しました。

猿渡整形外科では、3ヶ月に一回のペースで「野球肘検診」を行っているようです。

ピッチャーじゃなくても、症状がない状態でも、一度受診してみられては如何でしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ