長嶋茂雄の『家族』~亜希子夫人との間に4人の子供…一茂・有希・三奈・正興

野球界のレジェンド。ミスタージャイアンツと言えば、長嶋茂雄さんです。

幼少期は阪神ファンでした!

今回は、そんな長嶋さんを取り巻く『家族』の物語です。

【プロフィール】
名前:長嶋茂雄(ながしま・しげお)
生年月日:1936年〈昭和11年〉2月20日
身長/体重:178cm/76kg
血液型:B型
出身地:千葉県印旛郡臼井町
スポンサーリンク

◆生い立ち

長嶋茂雄さんは、千葉県印旛郡臼井町(現・千葉県佐倉市)の出身。

小学校は地元の、臼井(うすい)国民学校(現・佐倉市立臼井小学校)に通いました。[1]

小学校4年生の時に野球を始め、6年生の時に、地元の青年野球団ハヤテ・クラブに入団しています。

中学校は地元の、佐倉・臼井二町組合立中学校(現・佐倉市立佐倉中学校)へ進学。[2]

野球部に入部し、1年生からレギュラーになると、1番ショートとして活躍しました。

初恋もこのころ。1学年先輩の女の子です!

高校は地元の名門、千葉県立佐倉第一高等学校(現・千葉県立佐倉高等学校)へ進学。[3]

高校時代はほぼ無名でしたが、高校最後の南関東大会に千葉代表校として出場を果たします。

第1回戦、埼玉県立熊谷(くまがや)高等学校との試合で、長嶋さんは公式戦で自身唯一の本塁打を、バックスクリーンへ放ちました。

試合には敗れましたが、鋭いライナー性の本塁打は当時の新聞に取り上げられ、長嶋さんは野球関係者から注目を集めることになります。

大学は、立教大学経済学部へ進学。[4]

立教では同期の杉浦忠(すぎうら・ただし)投手、主将の本屋敷錦吾(もとやしき・きんご)内野手と共に「立教三羽烏」と呼ばれ、大活躍します。

東京六大学野球においては、1956年の春季リーグ戦と1957年の秋季リーグ戦で首位打者を獲得しました。

卒業後は、社会人野球に進むと思われていましたが、一転。

読売ジャイアンツへ入団し、ここから数々の伝説を築くことになります。

◆家族構成

長嶋茂雄さんの実家の家族構成は、父親、母親、兄1人、姉2人、茂雄さんの6人家族です。

自身は1965年に結婚しており、息子2人、娘2人に恵まれています。

◆父親は女形スター

長嶋茂雄さんの父親の名前は、長嶋利(ながしま・とし)さん。[5]

実家は農家でしたが、土地は人に貸し、父親は町役場の収入役や助役をしていました。

実は、父・利さんは若い頃、女形を演じた村芝居のスターでした。

長嶋さんの「魅せる」野球は、父親から受け継いだものだったのです

ちなみに長嶋さんは、平凡なゴロを一塁に送球した後、手をひらひらと打ち振り、足を送る独特のしぐさをしていました。

これは、歌舞伎界の名優・市川團十郎(いちかわ・だんじゅうろう)さんの所作を真似たものだったそうです。

父・利さんは、長嶋さんが立教大に入学した直後に亡くなっています。

◆プレーを支えた母

長嶋茂雄さんの母親の名前は、長嶋ちよ(ながしま・ちよ)さん。[6]

長嶋さんが野球を始めた当時は、物資が乏しかったため、お母さんがボールやグローブを手縫いで作ってくれました。

大学入学直後に父親が亡くなった時、長嶋さんは、

学校を辞めて働く

と言いましたが、ちよさんは、

途中でやめるな!

と激怒。

自分が行商することで長嶋家の家計を支えてくれました。

プロ入りの時、実は南海ホークスへの入団話が進んでいました。

そんな中、読売ジャイアンツは長嶋さんの家族を説得。

母親から、

せめて在京の球団に…

と、懇願されたのが決め手になり、巨人への入団を決めたのでした。

母・ちよさんは、第二次監督時代の1994年に亡くなっています。

◆4人兄弟の末っ子

長嶋茂雄さんは、4人兄弟の末っ子に当たります。

①長姉・春枝さん

一番上のお姉さんは、藤枝さんと言います。[7]

②長男・武彦さん

お兄さんの名前は、武彦さん。[7]

年齢は、茂雄さんより7歳年上になります。

長嶋さんが野球を始めたのは、兄・武彦さんの影響。

武彦さんは茂雄さんと同じ「ハヤテ・クラブ」に先に所属していました。

1番・レフトを任され、俊足・強肩の外野手だったそうです

武彦さんは、試合や練習にいつも茂雄さんを連れて行きました。

茂雄さんも武彦さんにくっついて離れませんでした。

武彦さんがいなければ、茂雄さんは野球選手にならなかったかもしれません。

③次姉・藤枝さん

長嶋茂雄さんの2番目のお姉さんは、藤枝さんと言います。[7]

◆妻・長嶋亜希子さん

長嶋茂雄さんは、1965年に結婚しています。

奥様の名前は、長嶋亜希子(ながしま・あきこ)さん。[8]

1943年〈昭和18年〉1月5日生まれなので、長嶋さんより7歳年下になります。

妻・亜希子さんは、東京都渋谷区の生まれ。

田園調布雙葉中学校・高等学校在学中に、米国へ留学し、現地の高校とミネソタ州の聖テレサ大学を卒業しています。

この経験から、英語・フランス語・スペイン語に堪能となりました

長嶋さんとの馴れ初めは、1964年10月の東京オリンピックの時。

外国語を活かしてコンパニオンをしていた亜希子さんは、報知新聞の「ON五輪をゆく」という企画で、王貞治(おう・さだはる)さんと長嶋さんと対談します。

王貞治の『家族』~娘も祝福する再婚相手とは?父の国籍へのこだわり
プロ野球界のレジェンド、王貞治さんを知らない人はいないでしょう。今回は、そんな王さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。【本人プロフィール】名前:王 貞治(おう・さだはる)中国語拼音:Wáng Zhēnzhì生年月日:1940

長嶋さんは亜希子さんに一目ぼれをし、知り合って40日でスピード婚約。同年11月26日に婚約。

翌1965年1月26日に結婚したのでした。

結婚式は、渋谷区南平台カトリック渋谷教会で挙げ、証人は読売巨人軍代表取締役であった正力亨(しょうりき・とおる)夫妻が務めました。

スポンサーリンク

◆4人の子供

長嶋茂雄さんと亜希子夫人の間には、4人の子供がいます。

①長男・長嶋一茂さん

長嶋茂雄さんの第1子・長男の名前は、長嶋一茂(ながしま・かずしげ)さん。[9]

1966年〈昭和41年〉1月26日生まれになります。

長嶋一茂の『家族』~愛妻・仁子さんと双子の子供たち、ハワイに眠る母
かつてヤクルト・巨人に在籍し、現在はタレントとして活躍する、長嶋一茂さん。 今回は、そんな一茂さんを取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【プロフィール】 名前:長嶋一茂(ながしま・かずしげ) 本名:一茂・パウロ・長...

一茂さんは、小学校の時に父に憧れて野球を始めましたが、小学5年生で辞めてしまいます。

理由は、リトルリーグにテレビカメラが入ったり、チームの人数が400人に膨れ上がったりと、

長嶋茂雄の息子フィーバー

が苛烈すぎたからです。

中学時代は陸上部で汗を流した一茂さんでしたが、中3の秋に長嶋さんが巨人監督の座を追われると、

オヤジの仇討ちはオレがやる

と、鉛筆やカバンや廊下の壁に「リベンジ」という文字をカッターナイフで彫り、再び野球の道へと戻るのでした。

立教高等学校(現:立教新座高等学校)で野球部に入ると、最初は、数年のブランクのためキャッチボールもままなりません。

しかし、恵まれた体躯と父譲りのセンスで、2年の秋には四番を打つほどにまで成長しました。

立教大学硬式野球部では、1年生時からレギュラーの座をつかみます。

4年生時には、主将で四番打者をつとめ、二期連続ベストナインに輝きました。

1987年のドラフト会議でヤクルトから1位指名され、プロ野球入りしています。

5年間、ヤクルトでの修業を経て、長嶋さんが監督をつとめる巨人に移籍。

その後、ジャイアンツで4年間プレーし、タレントに転身しました。

②長女・有希さん

長嶋茂雄さんの第2子・長女の名前は、有希さん。[9]

有希さんは長嶋さんの資産管理会社『オフィスエヌ』の役員をつとめていましたが、2010年10月に解任されているそうです。

③次女・長島三奈さん

長嶋茂雄さんの第3子・次女の名前は、長島三奈(ながしま・みな)さん。[9]

1968年〈昭和43年〉6月3日生まれなので、一茂さんより2歳(3学年)年下になります。

次女の三奈さんは、田園調布雙葉中学校・高等学校を経て、日本大学文理学部哲学科を卒業。

1991年にテレビ朝日に入社すると、『ニュースステーション』のスポーツコーナーや『長島三奈の熱闘!スポーツM18』でキャスターを務めました。

2000年3月に一旦退社し、その後は契約社員として活動していましたが、2014年にフリーへ転身しています。

④次男・長島正興さん

長嶋茂雄さんの第4子・次男の名前は、長島正興(ながしま・まさおき)さん。[10]

1970年〈昭和45年〉9月26日生まれなので、一茂さんより4歳(5学年)年下になります。

暁星国際高等学校を卒業後、駒澤大学経済学部経済学科に進学。

大学在学中の1992年から、レース活動を始めました。

2008年から環境に関する仕事をはじめ、その後、レーシングドライバーを引退。

現在は、環境管理士などの資格を取得し、環境分野で活動の場を広げています。

◆まとめ

長嶋茂雄さんは、父親の臨終の時に、

日本一のプロ野球選手になる

という誓いを立てました。

その誓いは数年後に実現し、現在もまだ破られていないかもしれません。

これからも家族の応援を胸に、長嶋さんの挑戦は続いていきます(^o^)丿

◇脚注

  1. 東京スポーツ 2019年8月14日 北海道一高いキャバレーで歓迎会が開かれた立教大・長嶋の凄さ
  2. 笹川スポーツ財団 2021年5月14日 長嶋茂雄にはオリンピックがよく似合う【オリンピック・パラリンピック アスリート物語】
  3. 日刊スポーツ 2017年4月20日 打球直撃!貴重な講堂に穴を開けた/長嶋茂雄1
  4. AERAdot. 2014年8月25日 長嶋茂雄がいま語る立教大学時代「最後の試合で打った第8号ホームラン」
  5. PRESIDENT Online 2014年6月15日 【長嶋茂雄監督】「これが巨人だ」最後まで貫いた“魅せる野球”
  6. 週刊ポスト 2016年10月17日 長嶋茂雄氏生家が荒廃 町内会長は市への環境改善相談も検討
  7. アサ芸プラス 2016年12月7日 「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(6)阪神の藤村富美男に憧れた
  8. 女性セブン 2018年8月10日 緊急入院の長嶋茂雄氏、一家の歴史と一茂・三奈の関係
  9. 週刊現代 2011年2月9日 ミスターの老後は切ない 長嶋家でまた「内紛」 今度は次女が長女を追放
  10. NISSAN MOTORSPORTS 2021年8月23日確認 47 MOLA 長島 正興 / 安田 裕信

コメント

  1. […] 長嶋茂雄の『家族』~亜希子夫人との間に4人の子供…一茂・有希・三奈・正興野球界のレジェンド。ミスタージャイアンツと言えば、長嶋茂雄さんです。 幼少期は阪神ファンでした! […]

  2. […] 長嶋茂雄の『家族』~亜希子夫人との間に4人の子供…一茂・有希・三奈・正興野球界のレジェンド。ミスタージャイアンツと言えば、長嶋茂雄さんです。 幼少期は阪神ファンでした! […]

  3. […] 長嶋茂雄の『家族』~亜希子夫人との間に4人の子供…一茂・有希・三奈・正興野球界のレジェンド。ミスタージャイアンツと言えば、長嶋茂雄さんです。 幼少期は阪神ファンでした! […]

タイトルとURLをコピーしました