奥川恭伸の『家族』~実家の父親も元球児…アスリートの母親と7歳上の兄

東京ヤクルトスワローズに所属する、奥川恭伸投手。

今回は、そんな奥川投手を支える父親、母親、兄弟にスポットを当て、ご紹介します。

名  前:奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)
生年月日:2001年〈平成13〉4月16日
身長体重:183cm/82kg
血液型 :O型
出身地 :石川県かほく市
スポンサーリンク

◆実家は石川県かほく市

奥川恭伸投手は、石川県かほく市の出身。

小学校は、かほく市立宇ノ気(うのけ)小学校に通いました。

宇ノ気小学校3年の時から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めましたが、このチームで出会ったのが山瀬慎之介(やませ・しんのすけ)選手。

小学4年生から高校までバッテリーを組み続けた、奥川投手の女房役です。

かほく市立宇ノ気中学校で軟式野球部に入った2人は、中学3年生の時に全国中学校軟式野球大会で優勝。

共に進んだ星稜高等学校で、山瀬選手はキャプテンを務めました。

◆父親も元高校球児

奥川恭伸投手の父親の名前は、奥川隆さん。[1]

1966年頃の生まれになります。

実は父・隆さんは、金沢市立工業高等学校時代、野球部で活躍していました。

そして、山瀬慎之助さんの父・山瀬貴幸さんも、金市工の元高校球児。

年齢が離れているため、一緒にはプレイしていませんが、父親同士も同じ野球部の先輩・後輩となるのですね。

2019年春のセンバツ大会。

1回戦の星稜×履正社戦では、三塁側アルプススタンドで、奥川投手と山瀬選手の父親同士が並んで応援しました。

その甲斐あって(?)星稜は強豪の履正社を撃破。

奥川投手の父・隆さんは、

最後が慌ただしかったからすごくひやひやしてたね。でもとにかく勝ててよかった。

と、安どの表情を浮かべていました。

◆母親

奥川恭伸さんの母親の名前は、奥川真由美さん。[2]

真由美さんは小学校4年からバドミントンを始め、中学、高校、そして地元の実業団チームで約12年間プレーしたアスリートです。

競技生活の一戦を退いてからも、週に1度バドミントンは続けていたので、当時小学1年生だった恭伸さんを連れて行きました。

そして恭伸さんは、遊び感覚でラケットを振るうちに、その振り下ろす動作が自然に自らの右ヒジに染み込んでいったのです。

奥川投手のピッチングのルーツは、バドミントンにあるのでした。

◆兄弟はいる?

奥川恭伸投手にはお兄さんがいて、名前は奥川圭崇さん。[2]

年齢は、奥川投手より7歳年上です。

野球を始めたきっかけも、お兄さんがやっていたからだそうです。

◆まとめ

高校進学を控えた時期、山瀬捕手は星稜を早々に志望し、奥川投手と一緒にプレーすることを望みました。

しかし、奥川投手は、別の強豪校も選択肢に入っていました。

師走の夜。

奥川投手の父・隆さんは息子に結論を促します。

最後は2人で話し合いなさい…

午後9時ごろ、山瀬捕手と5分ほど電話で話した奥川投手は、父にこう告げました。

やっぱり星稜に行くわ

奥川投手と山瀬選手の家族のような絆は、一生続いていくことでしょう(^o^)丿

◇脚注

  1. 【ヤクルト・奥川の父・隆さん特別手記】恭伸を怒ったのは一度、マウンドでの態度
  2. ヤキュイク 2019年11月10日 星稜・奥川投手のお母さんに聞いた、子育て、教育方針

◇編集後記

奥川恭伸さんが愛用するネックレスを見つけました。

中日新聞の記事です。

これは、コラントッテTAO ネックレス AURA ですね。

コラントッテは、

高校生の時から使っています

という奥川さん。

磁気ネックレスのデザインが好きで、ずっと愛用しています。

コラントッテのスイッチングウェアも愛用していて、寮やキャンプ宿舎の時などずっと着用しているそうですよ😉

有名人の美容健康グッズを紹介!
芸能人・有名人がおすすめする美容・健康グッズ【46選】愛用の化粧品からサプリメントまで一挙公開!
芸能人や有名人は、実際の年齢より若く見える人が多いですよね?素材の良さもありますが、やはり美容・健康に気をつかっている人が多いからだと思います。こんにちは!カゲロウです芸能人たちは、どんな方法で若返りを図っているのでしょうか?今回は、芸能人

コメント

タイトルとURLをコピーしました