奥川恭伸の『家族』~実家の父親も元球児…母親と7歳上の兄について

リンクユニット広告




プロ注目の右腕・星稜高校の奥川恭伸投手。

今回は、そんな奥川投手を支える父親、母親、兄弟にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)
生年月日:2001年4月16日
年齢:18歳(2019年8月現在)
身長/体重:183cm/82kg
血液型:O型

スポンサーリンク

◆実家は石川県かほく市

奥川恭伸投手は、石川県かほく市の出身。

小学校は、かほく市立宇ノ気(うのけ)小学校に通いました。

宇ノ気小学校3年の時から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めましたが、このチームで出会ったのが山瀬慎之介選手。

小学4年生から現在までバッテリーを組み続ける、奥川投手の女房役です。

かほく市立宇ノ気中学校で軟式野球部に入った2人は、中学3年生の時に全国中学校軟式野球大会で優勝。

現在、山瀬選手は、星稜高校のキャプテンを務めています。

◆父親も元高校球児

奥川恭伸投手の父親の名前は、奥川隆さん。

年齢は、53歳(2019年7月)になります。

実は父・隆さんは、金沢市立工業高等学校時代、野球部で活躍していました。

そして、山瀬慎之助主将の父・貴幸さんも、金市工の元高校球児。

年齢が離れているため、一緒にはプレイしていませんが、父親同士も同じ野球部の先輩・後輩となるのですね。

2019年春のセンバツ大会。

1回戦の星稜×履正社戦では、三塁側アルプススタンドで、奥川投手と山瀬主将の父親同士が並んで応援しました。

その甲斐あって(?)星稜は強豪の履正社を撃破。

奥川投手の父・隆さんは、

最後が慌ただしかったからすごくひやひやしてたね。でもとにかく勝ててよかった。

と、安どの表情を浮かべていました。

◆母親の写真?

奥川恭伸投手の母親の情報は、ほとんどありません。

以前、選手宣誓で、

野球の素晴らしさを教えてくれた指導者の方々と両親に感謝し、最高の仲間と全力でプレーすることを誓います。

と話しているので、離別されていることはないと思います。

こちらは、かほく市大崎区のHP(https://oosakiku.jimdo.com/)に掲載されている写真です。

中央が奥川投手で、向かって右側がお父さんですね。

左側がお母さんでしょうか?

別の写真にも写っています。

こちらの写真にも。

周りの方は変わっていきますが、中央の3人は変わらないので、当サイトではこの方がお母さんだと予想します。

美人な方ですね(#^.^#)

ドラフトの会見で、お目にかかれるかもしれませんね。

◆兄弟はいる?

奥川恭伸投手には、お兄さんが一人います。

野球を始めたきっかけも、お兄さんがやっていたからだそうです。

年齢は、奥川投手より7歳年上という噂があり、真実であればもう25歳くらい(2019年)になりますね。

◆まとめ

高校進学を控えた時期、山瀬捕手は星稜を早々に志望し、奥川投手と一緒にプレーすることを望みました。

しかし、奥川投手は、別の強豪校も選択肢に入っていました。

師走の夜。

奥川投手の父・隆さんは息子に結論を促します。

最後は2人で話し合いなさい…

午後9時ごろ、山瀬捕手と5分ほど電話で話した奥川投手は、父にこう告げました。

やっぱり星稜に行くわ

最高の女房役に支えられ、奥川投手の挑戦は、これからも続いていきます(^o^)丿

【こちらの記事も読まれています】

リンクユニット広告




スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ