杉本裕太郎の『家族』~同い年妻との間に子供はいる?実家の両親と姉について

オリックスバッファローズに所属する、杉本裕太郎さん。

「北斗の拳」ラオウのファンです!

今回は、そんな杉本さんを取り巻く『家族』の物語です。

名  前:杉本裕太郎(すぎもと・ゆうたろう)
生年月日:1991年〈平成3年〉4月5日
身  長:190cm
血液型 :B型
出身大学:青山学院大学
スポンサーリンク

◆実家・生い立ち

杉本裕太郎さんは、徳島県阿南(あなん)市の出身。

小学校は地元の、阿南市立見能林(みのばやし)小学校へ通いました。

小学1年生で野球を始めると、6年次には、

打ち過ぎて打つのが嫌になったり、塁に出るのが面倒くさいなと思っていた

という強打者へ成長します。

そんな自信に溢れていた時、徳島県大会の決勝戦で出会ったのが、現ソフトバンク森唯斗(もり・ゆいと)投手。

一本もヒットを打てなかったです。抑えられて負けたのが印象に残ってます

と、上には上がいることを教えてくれたのでした。

森唯斗の『家族』~お嫁さんと子供、父と母と弟を乗せて“唯斗丸”
福岡ソフトバンクホークスに所属する、森唯斗投手。 今回は、そんな森投手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。 【本人プロフィール】 名前:森唯斗(もり・ゆいと) 生年月日:1992年1月8日(26歳) 身長/体重:...

中学校は、阿南市立阿南中学校へ進学。

軟式野球部に所属し、中学3年の時には、徳島県大会で優勝し、四国大会でもベスト4に進出しました。

高校は、徳島商業高等学校へ進学。

1年生の夏に投手として徳島県大会で登板し、チームは甲子園へ出場します。

甲子園では控え投手としてベンチ登録のメンバーに入りましたが、登板の機会はありませんでした。

2年生の秋からはエースに定着しましたが、甲子園への出場は、1年生の夏だけでした。

高校卒業後は、青山学院大学へ進学。

入学早々に外野手へ転向すると、1年生の秋季リーグ戦から指名打者に起用されるようになります。

4番打者に定着した2年生の秋季リーグ戦では、10月6日の日本大学戦でリーグ史上19年ぶり6人目のサイクル安打を達成し、ベストナインを受賞しました。

3年生以降のリーグ戦では、2年後輩の3番打者・吉田正尚(よしだ・まさたか)さんとの2者連続本塁打を3回記録。

三振しない男と呼ばれてます!
吉田正尚の『家族』~モデル妻“ゆり香”との間に娘が2人…実家の両親と兄について
オリックス・バファローズに所属する、吉田正尚選手。 三振しない男と呼ばれてます! 今回は、そんな吉田さんを取り巻く『家族』の物語です。 名  前:吉田正尚(よしだ・まさたか) 生年月日:1993年...

大学4年間で、東都大学1部リーグ通算83試合に出場し、309打数81安打、打率.262、9本塁打、32打点を記録しました。

大学卒業後は、JR西日本へ入社。

広島支社輸送課に配属されましたが、杉本さんの業務は、

書類のシュレッダーや、コーヒーシロップの買い足し

などの雑用のみ。

土日と平日の社業後に、

野球で生きていく!

と、必死にバットを振り続けました。

思いが届き、入社2年目に当たる2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから10巡目で指名されています。

◆父親

杉本裕太郎さんの父親の名前は、杉本敏さん。[1]

実は父・敏さんは、見能林小学校でサッカーチームのコーチをしていました。

本音を言えば、

息子にはサッカーをやらせたい

という気持ちもありましたが、楽しそうに野球をやる姿に、無理強いはさせなかったのでした。

◆母親

杉本裕太郎さんの母親は、地元の徳島から、杉本さんのことを応援してくれています。

2021年の母の日には、初回にホームランを放ち、

(母の日なので)お母さんのために打ちました!

と、笑顔で話しました。

◆姉

杉本裕太郎さんにはお姉さんがいて、名前は杉本明子さんです。[2]

2022年4月、阿南市は、杉本さんが、市のスポーツ振興へ貢献したことに対して表彰状を贈りました。

シーズン中の杉本さんに代わり、表彰状を受け取ったのは、姉の明子さん。

ふるさとの多くの方に支えられていると感じました。表彰していただいてありがたいです

と、コメントしています。

なお、お姉さんの長男の名前は「ケンシロウ」。

漢字で書くと「絢志郎」ですが、杉本さんの趣味に合わせたわけではなく、偶然とのことです。

NEXT 同い年妻との間に子供はいる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました