金田正一の『家族』~息子は俳優・金田賢一、3人の弟も元プロ野球選手

リンクユニット広告




2019年10月6日、400勝投手の元プロ野球選手、金田正一さんが亡くなりました。

今回は、生前の金田さんを支えた『家族』をご紹介し、在りし日の故人を偲びたいと思います。

【本人プロフィール】
名前:金田正一(かねだ・まさいち)
生年月日:1933年8月1日
没年月日:2019年10月6日
享年:86歳

スポンサーリンク

◆息子は俳優・金田賢一

金田正一さんには息子さんがいて、名前は金田賢一(かねだ・けんいち)さん。

1961年8月22日生まれなので、現在(2019年10月)58歳になります。

偉大な父の影響で、賢一さんは成城学園中学時代、野球をやっていましたが本人いわく「下手だった」ということ

そのためか役者の道を志し、金田さんの友人だった長門裕之氏が製作に係わっていた映画『正午なり』でデビューしました。

その後もコンスタントに役柄をこなし、味のある俳優として安定的な評価を得ています。

奥さんは、宝塚歌劇団花組男役だった梓のぼるさん。

梓さんとの間に、娘が一人います。

◆弟①金田高義

金田正一さんは7人兄弟の次男とされています。

詳しい兄弟構成は分かりませんが、金田高義(かねだ・たかよし)さんという弟がいました。

弟の高義さんは、1938年12月1日生まれなので、金田さんより5歳年下になります。

高義さんは、愛知高校から1958年、国鉄に入団。

一軍での実績は無く、1960年限りで引退しています。

◆弟②金田星雄

金田正一さんには、金田星雄(かねだ・ほしお)さんという弟もいました。

弟の星雄さんは、1941年12月1日生まれなので、金田さんより7歳年下になります。

星雄さんは、愛知高校から1960年、国鉄に入団。

こちらも一軍での実績は無く、1961年限りで引退しました。

引退後は歌手に転向し、1962年に「初恋岬」で歌手デビュー。

小宮恵子さんとのデュエットが多く、「幸せを掴んじゃおう」という曲がヒットしています。

◆弟③金田留広

金田正一さんには、金田留広(かねだ・とめひろ)さんという弟もいました。

弟の留広さんは、1946年11月17日生まれなので、金田さんより13歳年下になります。

留広さんは、愛知高校を卒業後、愛知学院大学に進学。

大学中退後は、社会人・日通浦和を経て、1969年にドラフト4位で東映フライヤーズに入団しました。

兄・正一さんと同じ背番号34を着け、入団1年目から直球とカーブを武器に18勝を挙げています。

その後、ロッテ、広島へと移り、通算128勝をマーク。

引退後はロッテ二軍の投手コーチを務めるなどしましたが、2018年10月2日、71歳で亡くなりました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、金田正一さんの活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

今後は空の上から、後輩たちの成長を見守ってくれることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

リンクユニット広告




スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ