西谷浩一の『家族』~結婚してる?お嫁さんと子供の名前や年齢は?

常勝軍団・大阪桐蔭高を率いる、西谷浩一監督。

今回は、そんな西谷監督を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:西谷浩一(にしたに・こういち)
生年月日:1969年9月12日(48歳)※2018年8月現在
出身地:兵庫県宝塚市

スポンサーリンク

◆結婚してお嫁さんがいる?

西谷浩一監督は、結婚されているのでしょうか?

これについては、西谷監督自身が、

“僕も結婚して寮は出ましたが、今も近所に住んでいるので夜はよく寮で選手と話をします”

とメディアの取材で話しているので、結婚していることは間違いありません。

結婚式は2005年12月ごろだったようで、やはり野球人の結婚なのでオフシーズンに行われるのですね。

結婚式では、教え子で当時阪神に所属した桟原将司(さじきはら・まさし)投手がスピーチをされたみたいですね。

◆お嫁さんの名前は?

西谷浩一監督のお嫁さんの名前は、勢子(ちかこ)さん。

年齢は、今年で46歳になるので、西谷監督より2歳年下です。

六校中学校・高校(神戸市灘区)の「学院通信」を見ると、「西谷勢子」さんという国語の教師が、2006年11月に退職されています。

少し珍しいお名前が一致、同じ関西という共通点、結婚から約1年後に退職…と考えると、西谷監督のお嫁さんである可能性が高いと思います。

違ってたらゴメンナサイ。

◆子供の年齢は?

西谷浩一監督とお嫁さんの間には、子供が2人います。

第1子は長女・瑞希さんで、年齢は今年(2018年)で12歳。

第2子は次女・朱里(あかり)さんで、年齢は今年で9歳になります。

さっきの話に戻りますが、国語教師の西谷勢子さんは2006年11月に退職していました。

長女の瑞希さんが2006年12月くらいに生まれたとすると、計算がピタリと合いますね。

◆子供が生まれ心境に変化

北日本新聞の記事で、

“夏の甲子園で優勝した後、妻・勢子さんとの間に次女が生まれた”

とあります。

西谷浩一監督が夏の甲子園で初優勝したのは2008年なので、次女・朱里さんは2008年秋くらいに生まれたのでしょう。

西谷監督は、次女が生まれた後の心境の変化を語っています。

“少し子どもに対する見方が変わったかもしれない。それぞれに親御さんがいて、そのかわいい息子なんだろう、と”

他人の子供を預かる立場として、自分の子供を持つということは、大切な要素なのかもしれませんね。

◆実家は兵庫・宝塚

西谷浩一監督は、兵庫県宝塚市の出身。

小学2年から少年野球をはじめ、小学4年の頃よりポジションは捕手を務めています。

高校は、兵庫県の強豪・報徳学園高へ進学。

大阪桐蔭高で輝かしい実績を持つ西谷監督ですが、自身は甲子園出場経験はありません。

報徳学園で西谷監督が公式戦に出場できたのは、2年の秋の県大会のみ。

3年になった春に、下級生部員の暴力事件が起こり、チームは夏の県大会出場を辞退しています。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、西谷浩一監督の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、西谷監督の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《大阪桐蔭高の家族》

《野球の熱い夏がやってきました!》

《今月のおもしろグッズ》

ダムの形をしたカレー皿を見つけました(p_-)

ダムカレー皿 カレー皿 洋食器 おもしろ雑貨 ランチプレート 陶器 仕切り 送料込

カレーとライスの間がダムでせき止められており、「いただきます」の次の瞬間、放流!

ライスにカレーが注ぎ込み、良い混ざり具合のカレーライスが楽しめます。

少しサラッとしたカレーの方が、放流しやすいようですね。

子供にウケることは間違いありません(^_^)v

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ




コメント

  1. […] 西谷浩一の『家族』~結婚してる?お嫁さんと子供の名前や年齢は? […]