柿木蓮の『家族』~実家は佐賀…出身中学校は?父親と母親について

史上最高と称される2018年の大阪桐蔭高校で、エースナンバーを背負うのは、柿木蓮投手。

今回は、そんな柿木投手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:柿木蓮(かきぎ・れん)
生年月日:2000年6 月25日(18歳)※2018年8月現在
身長/体重:181cm/83kg

スポンサーリンク

実家は佐賀

柿木連投手は、佐賀県多久(たく)市の出身。

多久市はかつて炭鉱で栄えましたが、エネルギー革命により炭鉱は閉山し、現在は人口2万人に満たない静かな町となっています。

柿木投手は、多久市立北部小学校2年になる前の春休みに『多久北部少年野球部』に入り、軟式野球を始めました。

最初はセカンドでしたが、強肩を買われてサードに移り、小学校5年のころからピッチャーを務めるようになります。

◆出身中学校は?

柿木蓮投手は、多久市立中央中学校へ進学。

中学時代には部活ではなく、硬式野球チームの『佐賀東松ボーイズ』でのプレーを選択しました。

『佐賀東松ボーイズ』は、楽天の池田隆英(いけだ・たかひで)投手を生み出した名門。

佐賀県唐津(からつ)市相知(おうち)町を拠点にしているチームですが、多久からは近いみたいですね。

『佐賀東松ボーイズ』のエースで主将を務めた柿木投手の直球は、中学3年時で143km/hを記録。

中学時代には、世界大会の日本代表にも選ばれています。

◆中学時代のチームメイトと甲子園で激突

大阪桐蔭高校は、2018年春のセンバツ甲子園1回戦で、佐賀県代表の伊万里高校と対戦。

このチームには『佐賀東松ボーイズ』で共にプレーした古賀昭人選手がいました。

中学時代三塁手だった古賀選手は、

“柿木が投げると球が飛んでこない。守備の必要がないくらいだった”

と、柿木投手の怪物ぶりを証言しています。

中学3年の夏、柿木投手が右肘を打撲するケガをした時は、古賀選手が付きっきりでサポートしました。

そんな古賀選手に柿木投手も、

“人が嫌がる仕事を率先してやるイイ奴で、守備も鉄壁”

と信頼を置いていました。

甲子園での対戦の結果は14対2。

どちらが14得点なのかは言うまでもありませんが、先発した柿木投手は6回を投げて無失点。

古賀選手は7回、2番手横川凱(よこがわ・かい)投手から安打を放っています。

◆父親・母親について

柿木蓮投手の父親の名前は、柿木修さん。

年齢は今年(2018年)で44歳になります。

母親に関する情報はありませんが、送り迎えやお弁当の準備など、柿木投手を支えてきたことは想像に難くありません。

2018年8月6日、大阪桐蔭の甲子園第一回戦の相手は、強豪・作新学院。

父・修さんはこの日の朝に佐賀を出発し、甲子園で息子の投球を見守りました。

結果は柿木投手が6安打1失点に抑え、完投勝利。

父・修さんは、

“昨日は(自分が)寝られないくらい考えてしまって…。ほっとしました”

と胸をなで下ろしていました。

甲子園に出場する選手の親であることも、大変な事なのですね…

寮生活を送る息子と最後に会ったのは、2018年春の選抜のとき。

“また一段とたくましくなった気がします”

と目を細めていました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、柿木蓮投手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、柿木投手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《大阪桐蔭高の家族》

《野球の熱い夏がやってきました!》

《今月のおもしろグッズ》

ダムの形をしたカレー皿を見つけました(p_-)

ダムカレー皿 カレー皿 洋食器 おもしろ雑貨 ランチプレート 陶器 仕切り 送料込

カレーとライスの間がダムでせき止められており、「いただきます」の次の瞬間、放流!

ライスにカレーが注ぎ込み、良い混ざり具合のカレーライスが楽しめます。

少しサラッとしたカレーの方が、放流しやすいようですね。

子供にウケることは間違いありません(^_^)v

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ




コメント

  1. […] 柿木蓮の『家族』~実家は佐賀…出身中学校は?父親と母親について […]

  2. […] 柿木蓮の『家族』~実家は佐賀…出身中学校は?父親と母親について […]